詳細検索はこちら

太田 千穂 オオタ チホ

所属部署名/栄養科学部栄養科学科 /流通科学研究所
職名講師 
メールアドレスchihonakamura-u.ac.jp
ホームページURL
更新日 : 2018/04/26

プロフィール

研究テーマ・領域

    研究テーマ:現在、環境汚染物質ポリ塩素化ビフェニル(PCB)などの有害な物質と海洋生物に含有するハロゲン化合物および機能性成分メトキシフラボノイド類などの有益な物質の生体内動態(吸収、代謝、排泄)について実験動物を用いて調べている。
    (1)植物性機能成分の代謝に関する研究
    (2)海洋生物由来のハロゲン化合物の代謝に関する研究
    (3)環境汚染物質の代謝に関する研究

担当授業科目

    大学 : 食品の化学と機能、実験・食品の化学と機能、実験・食品の安全性、実習・食品の加工と栄養、管理栄養士特論Ⅰ、管理栄養士特論Ⅲ、卒業論文

ゼミ・セミナー・修士論文指導テーマ等

    ■学部
    専門分野 食べ物と健康(食品学、食品衛生学)
    卒論紹介:卒論のテーマは、研究テーマとほとんど同じであるが、
    (1) 海藻類などの海洋生物由来のハロゲン化合物について、動物肝を用いたin vitro代謝を調べるとともに、その生理活性を調べる。
    (2) 植物由来の機能性成分(メトキシフラボノイド類)につてい、動物肝を用いたin vitro代謝を調べるとともに、その生理活性を調べる。

    ■流通科学研究所
    専門分野:食品学、食品衛生学
    研究テーマ:アジアにおける水質および輸入食品の安全対策に関する研究

研究キーワード

    食品学 , 食品衛生学 , 代謝 , 機能性成分 , 生理活性 , ポリメトキフラボノイド , PCB , 臭素化合物

研究分野

  • 生活科学 / 食生活学 / 食品科学

学歴

  • 2004年04月
    -
    2007年03月
    中村学園大学大学院 栄養科学研究科 栄養科学(日本)
  • 1986年04月
    -
    1990年03月
    中村学園大学 家政学部 食物栄養学科・食物栄養学専攻(日本)

所属学協会

  • 日本栄養・食糧学会
  • 日本薬学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本栄養・食糧学会
  • 日本薬学会

研究活動業績

論文

  • Effect of quercetin on the uptake and efflux of aristolochic acid I from Caco-2 cell monolayers.
    Kimura O, Fujii Y, Haraguchi K, Ohta C, Koga N, Kato Y, Endo T
    The Journal of pharmacy and pharmacology 883-889 2016年07月 [査読有り]
  • [Metabolism of 2,2',3,4,4',5,5'-Heptachlorobiphenyl (CB180) by Animal Liver Microsomes].
    Ohta C, Haraguchi K, Kato Y, Endo T, Kimura O, Koga N
    Fukuoka igaku zasshi = Hukuoka acta medica 106(5) 176-183 2015年05月 [査読有り]
  • Distribution and excretion of 2,2',3,4',5,5',6-heptachlorobiphenyl (CB187) and its metabolites in rats and guinea pigs.
    Ohta C, Haraguchi K, Kato Y, Endo T, Kimura O, Koga N
    Chemosphere 118 5-11 2015年01月 [査読有り]
  • Carrier-mediated uptake of nobiletin, a citrus polymethoxyflavonoid, in human intestinal Caco-2 cells.
    Kimura O, Ohta C, Koga N, Haraguchi K, Kato Y, Endo T
    Food chemistry 154 145-150 2014年07月 [査読有り]
  • Uptake of aristolochic acid I into Caco-2 cells by monocarboxylic acid transporters.
    Kimura O, Haraguchi K, Ohta C, Koga N, Kato Y, Endo T
    Biological & pharmaceutical bulletin 37(9) 1475-1479 2014年 [査読有り]
  • 3,3',4,4'-Tetrachlorobiphenyl-mediated decrease of serum thyroxine level in C57BL/6 and DBA/2 mice occurs mainly through enhanced accumulation of thyroxine in the liver.
    Kato Y, Haraguchi K, Onishi M, Ikushiro S, Endo T, Ohta C, Koga N, Yamada S, Degawa M
    Biological & pharmaceutical bulletin 37(3) 504-509 2014年 [査読有り]
  • Levels of mercury in muscle and liver of star-spotted dogfish (Mustelus manazo) from the northern region of Japan: a comparison with spiny dogfish (Squalus acanthias).
    Endo T, Hisamichi Y, Kimura O, Ogasawara H, Ohta C, Koga N, Kato Y, Haraguchi K
    Archives of environmental contamination and toxicology 64(3) 467-474 2013年04月 [査読有り]
  • [Species difference in the metabolism of 2, 2', 3, 4', 5, 5'-hexachlorobiphenyl (CB146) by animal and human liver microsomes].
    Ohta C, Haraguchi K, Kato Y, Endo T, Koga N
    Fukuoka igaku zasshi = Hukuoka acta medica 104(4) 161-169 2013年04月 [査読有り]
  • A possible mechanism for 2,3',4,4',5'-pentachlorobiphenyl-mediated decrease in serum thyroxine level in mice.
    Kato Y, Onishi M, Haraguchi K, Ikushiro S, Ohta C, Koga N, Endo T, Yamada S, Degawa M
    Biological & pharmaceutical bulletin 36(10) 1594-1601 2013年 [査読有り]
  • 海洋生物由来の2,4,6‐tribromoanisoleの動物肝ミクロゾームによる代謝とその関連化合物の抗酸化活性
    太田千穂, 原口浩一, 遠藤哲也, 加藤善久, 松原 大, 古賀信幸
    中村学園大学・中村学園大学短期大学部研究紀要(44) 215-223 2012年03月 [査読有り]
論文を全て表示する
論文閉じる
  • Effect of quercetin on the uptake and efflux of aristolochic acid I from Caco-2 cell monolayers.
    Kimura O, Fujii Y, Haraguchi K, Ohta C, Koga N, Kato Y, Endo T
    The Journal of pharmacy and pharmacology 883-889 2016年07月 [査読有り]
  • [Metabolism of 2,2',3,4,4',5,5'-Heptachlorobiphenyl (CB180) by Animal Liver Microsomes].
    Ohta C, Haraguchi K, Kato Y, Endo T, Kimura O, Koga N
    Fukuoka igaku zasshi = Hukuoka acta medica 106(5) 176-183 2015年05月 [査読有り]
  • Distribution and excretion of 2,2',3,4',5,5',6-heptachlorobiphenyl (CB187) and its metabolites in rats and guinea pigs.
    Ohta C, Haraguchi K, Kato Y, Endo T, Kimura O, Koga N
    Chemosphere 118 5-11 2015年01月 [査読有り]
  • Carrier-mediated uptake of nobiletin, a citrus polymethoxyflavonoid, in human intestinal Caco-2 cells.
    Kimura O, Ohta C, Koga N, Haraguchi K, Kato Y, Endo T
    Food chemistry 154 145-150 2014年07月 [査読有り]
  • Uptake of aristolochic acid I into Caco-2 cells by monocarboxylic acid transporters.
    Kimura O, Haraguchi K, Ohta C, Koga N, Kato Y, Endo T
    Biological & pharmaceutical bulletin 37(9) 1475-1479 2014年 [査読有り]
  • 3,3',4,4'-Tetrachlorobiphenyl-mediated decrease of serum thyroxine level in C57BL/6 and DBA/2 mice occurs mainly through enhanced accumulation of thyroxine in the liver.
    Kato Y, Haraguchi K, Onishi M, Ikushiro S, Endo T, Ohta C, Koga N, Yamada S, Degawa M
    Biological & pharmaceutical bulletin 37(3) 504-509 2014年 [査読有り]
  • Levels of mercury in muscle and liver of star-spotted dogfish (Mustelus manazo) from the northern region of Japan: a comparison with spiny dogfish (Squalus acanthias).
    Endo T, Hisamichi Y, Kimura O, Ogasawara H, Ohta C, Koga N, Kato Y, Haraguchi K
    Archives of environmental contamination and toxicology 64(3) 467-474 2013年04月 [査読有り]
  • [Species difference in the metabolism of 2, 2', 3, 4', 5, 5'-hexachlorobiphenyl (CB146) by animal and human liver microsomes].
    Ohta C, Haraguchi K, Kato Y, Endo T, Koga N
    Fukuoka igaku zasshi = Hukuoka acta medica 104(4) 161-169 2013年04月 [査読有り]
  • A possible mechanism for 2,3',4,4',5'-pentachlorobiphenyl-mediated decrease in serum thyroxine level in mice.
    Kato Y, Onishi M, Haraguchi K, Ikushiro S, Ohta C, Koga N, Endo T, Yamada S, Degawa M
    Biological & pharmaceutical bulletin 36(10) 1594-1601 2013年 [査読有り]
  • 海洋生物由来の2,4,6‐tribromoanisoleの動物肝ミクロゾームによる代謝とその関連化合物の抗酸化活性
    太田千穂, 原口浩一, 遠藤哲也, 加藤善久, 松原 大, 古賀信幸
    中村学園大学・中村学園大学短期大学部研究紀要(44) 215-223 2012年03月 [査読有り]
  • Marine sponge: a potential source for methoxylated polybrominated diphenyl ethers in the Asia-Pacific food web.
    Haraguchi K, Kato Y, Ohta C, Koga N, Endo T
    Journal of agricultural and food chemistry 59(24) 13102-13109 2011年12月 [査読有り]
  • In vitro metabolism of nobiletin, a polymethoxy-flavonoid, by human liver microsomes and cytochrome P450.
    Koga N, Ohta C, Kato Y, Haraguchi K, Endo T, Ogawa K, Ohta H, Yano M
    Xenobiotica; the fate of foreign compounds in biological systems 41(11) 927-933 2011年11月 [査読有り]
  • A possiboe mechanism for 2,2',4,4',5,5'-hexachlorobiphenyl-mediated decrease in serum thyroxine level in mice
    Yoshihisa Kato, Mao Onishi, Koichi Haraguchi, Shinichi Ikushiro, Chiho Ohta, Nobuyuki Koga, Tetsuya Endo, Shizuo Yamada and Masakuni Degawa
    Toxicol. Appli. Pharmacol. 254(1) 48-55 2011年05月 [査読有り]
  • 2,2',3,4,4',5'-六塩素化ビフェニル(CB138)のモルモットにおけるin vivo代謝 (油症とPCB及びダイオキシン関連化合物に関する研究報告集(第23集))
    太田 千穂, 原口 浩一, 加藤 善久,遠藤 哲也,古賀信幸
    福岡医学雑誌 102(4) 167-174 2011年04月 [査読有り]
  • フェニルプロパノイド類とフラボノイド類の抗酸化作用とα-グルコシダーゼ阻害作用--構造活性相関について
    太田 千穂, 枩岡 樹子, 加藤 善久,原口 浩一,遠藤 哲也,古賀 信幸
    中村学園大学・中村学園大学短期大学部研究紀要(43) 243-249 2011年03月 [査読有り]
  • 2,3',4,5,5'-Pentachlorobiphenyl(CB120)とその予想代謝物の合成
    太田 千穂, 原口 浩一, 加藤 善久,遠藤 哲也,古賀 信幸
    中村学園大学・中村学園大学短期大学部研究紀要(42) 333-338 2010年03月 [査読有り]
  • Contamination levels of mercuty in the muscle of femaale and male spiny dogfishes (Squalus acanthias) caught off the coas of Japan
    Tetsuya Endo, Yohsuke Hisamichi, Osamu Kimura, Yuichi Kotaki, Yoshihisa Kato, Chiho Ohta, Nobuyuki Koga and Koichi Haraguchi
    Chemosphere 77(10) 1333-1337 2009年10月 [査読有り]
  • 2,2',5,5'-四塩素化ビフェニル(CB52)のウサギ肝ミクロゾームによる代謝 (油症とPCB及びダイオキシン関連化合物に関する研究報告集(第22集))
    太田 千穂, 原口 浩一, 加藤 善久,遠藤 哲也,古賀 信幸
    福岡医学雑誌 100(5) 200-209 2009年05月 [査読有り]
  • 植物成分diosmetinおよびhesperetinのラット肝ミクロゾームによるin vitro代謝
    太田 千穂, 枩岡 樹子, 太田 英明,加藤 善久,古賀 信幸
    中村学園大学・中村学園大学短期大学部研究紀要(41) 247-254 2009年03月 [査読有り]
  • 植物成分apigeninの動物肝ミクロゾームによる代謝
    太田 千穂, 松尾 美樹, 枩岡 樹子, 太田 英明, 古賀 信幸
    中村学園大学・中村学園大学短期大学部研究紀要 40 173-179 2008年03月 [査読有り]
  • Comparative study on nobiletin metabolism with liver microsomes from rats, guinea pigs and hamsters and rat cytochrome P450
    Nobuyuki Koga, Miki Matsuo, Chiho Ohta, Koichi Haraguchi, Mikiko Matsuoka, Yoshihisa Kato, Toshinao Ishii, Masamichi Yano and Hideaki Ohta
    Biol. Pharm. Bull 30(12) 2317-2323 2007年12月 [査読有り]
  • [Metabolism of 2,2',4,5,5'-pentachlorobiphenyl (CB101) by liver microsomes of rats, hamsters and guinea pigs].
    Ohta C, Matsuoka M, Haraguchi K, Kato Y, Endo T, Koga N
    Fukuoka igaku zasshi = Hukuoka acta medica 98(5) 236-244 2007年05月 [査読有り]
  • Pentamethoxyflavone類のラット肝ミクロゾームによる代謝
    枩岡 樹子, 松尾 美樹, 太田 千穂, 山口 恵美, 太田 英明, 古賀 信幸
    中村学園大学・中村学園大学短期大学部研究紀要 39 273-278 2007年03月 [査読有り]
  • 2,2',3,4',5,5',6-七塩素化ビフェニル(CBl87)の主代謝物の合成
    太田 千穂, 原口 浩一, 尾崎 真理, 枩岡 樹子, 古賀 信幸
    中村学園大学・中村学園大学短期大学部研究紀要 38 197-201 2006年03月 [査読有り]
  • 2,3',4,4',5-五塩素化ビフェニル(CB118)のモルモット肝ミクロゾームによる代謝 (油症とPCB及びダイオキシン関連化合物に関する研究報告集(第20集))
    太田 千穂, 原口 浩一, 加藤 善久
    福岡医学雑誌 96(5) 232-240 2005年05月 [査読有り]
  • In vitro metabolism of 2,2',3,4',5,5',6-heptachlorobiphenyl (CB187) by liver microsomes from rats, hamsters and guinea pigs
    Chiho Ohta, Koichi Haraguchi, Yoshihisa Kato and Nobuyuki Koga
    Xenobiotica 35(4) 319-30 2005年04月 [査読有り]

書籍等出版物

  • 食品学実験
    太田 千穂(担当:共著 範囲:)
    講談社 2010年09月 ISBN:978-4-06-139829-0
  • 栄養科学シリーズ NEXT 食品安全・衛生学実験
    太田 千穂(担当:共著 範囲:)
    講談社 2010年04月 ISBN:978-4-06-155347-7
  • 油症研究Ⅱ-治療と研究の最前線-
    九州大学出版会 2010年 ISBN:978-4-7985-0007-2
書籍等出版物を全て表示する
書籍等出版物閉じる
  • 食品学実験
    太田 千穂(担当:共著 範囲:)
    講談社 2010年 09月 ISBN:978-4-06-139829-0
  • 栄養科学シリーズ NEXT 食品安全・衛生学実験
    太田 千穂(担当:共著 範囲:)
    講談社 2010年 04月 ISBN:978-4-06-155347-7
  • 油症研究Ⅱ-治療と研究の最前線-
    九州大学出版会 2010年 ISBN:978-4-7985-0007-2

講演・口頭発表等

  • Metabolism of 2,2',3,4,4',5,6'-heptachlorobiphenyl (CB182) by rat, guinea pig and human liver microsomes.
    C Ohta, Y Fujii, K Haraguchi, Y Kato, O Kimura, T Endo, Koga N
    36th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants 2016年08月28日
  • Gossypetin hexamethyletherの動物肝ミクロゾームによる代謝
    太田千穂,山本健太,藤井由希子,原口浩一,木村 治,遠藤哲也,加藤善久,古賀信幸
    第70回日本栄養・食糧学会大会 2016年05月13日
  • In vitro metabolism of nobiletin in the small intestine and kidney of rats and guinea pigs.
    12th Asian Congress of Nutrition 2015年05月14日
  • The participation of rat CYP3A enzymes in the metabolism of 2,2',4,5,5'-pentachlorobiphenyl (CB101)
    34th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants 2014年08月31日
  • In vivo metabolism of diosmetin and hesperetin by rat liver microsomes
    Ohta C, Kato Y, Haraguchi K and Koga N
    20th International Congress of Nutrition (ICN 2013) 2013年09月
  • In vitro metabolism of 2,2',4,4',5-pentachlorobiphenyl (CB99) by rat and guinea pig liver microsomes
    Ohta C, Haraguchi K, Kato Y, Endo T, Kimura O and Koga N
    33th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants 2013年08月
  • 海洋生物由来の2,4,6‐tribromoanisoleのin vitro代謝と抗酸化活性
    太田千穂, 原口浩一, 遠藤哲也, 加藤善久, 松原大, 古賀信幸
    衛生薬学・環境トキシコロジー 2012年10月
  • Involvement of rat CYP3A enzymes in the metabolism of 2,2',3,4',5',6-hexachlorobiphenyl (CB149)
    Ohta C, Haraguchi K, Kato Y, Endo T and Koga N
    32th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants 2012年08月
  • Nobiletinのヒト肝チトクロムP450分子種によるin vitro代謝
    太田千穂, 加藤善久, 原口浩一, 遠藤哲也, 古賀信幸
    日本栄養・食糧学会大会 2012年05月
  • Species difference in the in vitro metabolisms of 2,2',3,4,4',5,5'-Heptachlorobiphenyl (CB180)
    30th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants 2010年
講演・口頭発表等を全て表示する
講演・口頭発表等閉じる
  • Metabolism of 2,2',3,4,4',5,6'-heptachlorobiphenyl (CB182) by rat, guinea pig and human liver microsomes.
    C Ohta, Y Fujii, K Haraguchi, Y Kato, O Kimura, T Endo, Koga N
    36th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants 2016年08月28日
  • Gossypetin hexamethyletherの動物肝ミクロゾームによる代謝
    太田千穂,山本健太,藤井由希子,原口浩一,木村 治,遠藤哲也,加藤善久,古賀信幸
    第70回日本栄養・食糧学会大会 2016年05月13日
  • In vitro metabolism of nobiletin in the small intestine and kidney of rats and guinea pigs.
    12th Asian Congress of Nutrition 2015年05月14日
  • The participation of rat CYP3A enzymes in the metabolism of 2,2',4,5,5'-pentachlorobiphenyl (CB101)
    34th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants 2014年08月31日
  • In vivo metabolism of diosmetin and hesperetin by rat liver microsomes
    Ohta C, Kato Y, Haraguchi K and Koga N
    20th International Congress of Nutrition (ICN 2013) 2013年09月
  • In vitro metabolism of 2,2',4,4',5-pentachlorobiphenyl (CB99) by rat and guinea pig liver microsomes
    Ohta C, Haraguchi K, Kato Y, Endo T, Kimura O and Koga N
    33th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants 2013年08月
  • 海洋生物由来の2,4,6‐tribromoanisoleのin vitro代謝と抗酸化活性
    太田千穂, 原口浩一, 遠藤哲也, 加藤善久, 松原大, 古賀信幸
    衛生薬学・環境トキシコロジー 2012年10月
  • Involvement of rat CYP3A enzymes in the metabolism of 2,2',3,4',5',6-hexachlorobiphenyl (CB149)
    Ohta C, Haraguchi K, Kato Y, Endo T and Koga N
    32th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants 2012年08月
  • Nobiletinのヒト肝チトクロムP450分子種によるin vitro代謝
    太田千穂, 加藤善久, 原口浩一, 遠藤哲也, 古賀信幸
    日本栄養・食糧学会大会 2012年05月
  • Species difference in the in vitro metabolisms of 2,2',3,4,4',5,5'-Heptachlorobiphenyl (CB180)
    30th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants 2010年
  • In vivo metabolism of nobiletin and tangeretin in rats.
    19th International Congress of Nutrition (ICN 2009) 2009年
  • Species and sex differences in the metabolism of a polymethoxyflavone, nobiletin, by animal liver microsomes and cytochrome P450
    14th World Congress of Food Science & Technology 2008年

競争的資金等の研究課題

  • 太平洋島嶼における天然有機ハロゲン化合物の生成機構および生物濃縮に関する研究
    :科学研究費補助金
    研究期間 : 2008年 - 2011年 代表者 : 原口 浩一
  • フェニルプロパノイド類の調理加工における変化と生体内変化
    :科学研究費補助金
    研究期間 : 2002年 - 2004年 代表者 : 太田 千穂
  • 天然由来抗酸化物質の調理加工における機能性評価と生体内に及ぼす影響
    :科学研究費補助金
    研究期間 : 2013年 代表者 : 太田 千穂
  • 環境汚染物質ポリ塩素化ビフェニル(PCB)の代謝
    研究期間 : 2004年
  • 機能性成分フラボノイド類の代謝
    研究期間 : 2005年
競争的資金等の研究課題を全て表示する
外部資金等閉じる
  • 太平洋島嶼における天然有機ハロゲン化合物の生成機構および生物濃縮に関する研究
    :科学研究費補助金
    研究期間 : 2008年 - 2011年 代表者 : 原口 浩一
  • フェニルプロパノイド類の調理加工における変化と生体内変化
    :科学研究費補助金
    研究期間 : 2002年 - 2004年 代表者 : 太田 千穂
  • 天然由来抗酸化物質の調理加工における機能性評価と生体内に及ぼす影響
    :科学研究費補助金
    研究期間 : 2013年 代表者 : 太田 千穂
  • 環境汚染物質ポリ塩素化ビフェニル(PCB)の代謝
    研究期間 : 2004年
  • 機能性成分フラボノイド類の代謝
    研究期間 : 2005年


Copyright c MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.